お盆供養お盆提灯Q&Aお盆提灯の組み立て方と製造工程

お盆提灯の組み立て方

行灯は、お客様に長年御使用いただけます様に、最初は多少かためのほぞ調整がしてありますので、以下の説明の様に組み立てていただきます様お願いいたします。

組み立て方1

1.ロクロの下に布等を敷き(畳などにキズを付けない為)、下足を1本ずつ穴に差し込みます。この時下足は、垂直にロクロヘ差し込んで下さい。


組み立て方2

2.下足を2本差し込んだところで三角を下足に差し込み3本目の下足をロクロに差し込みながら同時に三角を下足の穴に差し込みます。


組み立て方3

3.2本の上足のひも掛け金具が両外になる様に差し込みます。上足を差し込む前に火袋をロクロにはめて下さい。


組み立て方4

4.ソケットコードをロクロの中心の穴に通し下からネジをしめ、電球を付けます。回転の場合は、電球に針を付け回転筒を被せます。上足に回転筒がくっついていますと回転しませんので針が垂直になるようにして回転筒を乗せて下さい。


組み立て方5

5.火袋を上足の上からロクロにはめロクロに付いている輪止めの金具で固定します。}}


組み立て方6

6.雲手を上足の両横の穴に1ヶずつゆっくりと差し込みます。


組み立て方7

7.コードのネジの部分の房フックに房を引っかけます。最後に火袋のひもを持って上に引き上げ、ひもを掛けて出来上がります。


=盆提灯の保管上の注意=

収納時には、必ず防虫御香及び樟脳を入れ、湿気の少ない場所に箱を寝かせて保管して下さい。立てておかれると火袋が変形する場合があります。尚、樟脳を使用される場合は火袋、塗装面、プラス
チック、ビニールに直接触れないようにして下さい。はがれたり、プラスチック・ビニールが溶けたりする場合があります。

回転型行灯の組み立て方

廻転筒は電球の熱による上昇気流で自然に廻る仕組みになっています。その力は弱いものですから、廻転筒が電球や柱の部分に少しでも触れていたり、傾いていると、廻らなくなる場合があります。

●廻転筒が廻らない場合には

1.下の3つの写真のうち右2つの状態では廻転しません。ホルダーの位置を調節して左の写真の状態になるようにして下さい。
回転筒1
2.静電気が生じて廻らないことがあります。水に廻転筒を浸すか、霧吹きなどで筒の内側と外側を湿らせてみて下さい。
※市販の静電気防止スプレー(エレガードなど)を使用する場合は、廻転筒と火袋内に噴射して下さい。又は液体の台所洗剤(界面活性剤入)を代用できます。その場合は廻転筒に塗って下さい。
3.提灯を置かれる部屋の条件(温度や気流等)によって、上昇気流がわずかしか起こらない場合があります。そのため、廻りにくい場合もありますので、あらかじめ御了承下さい。
回転筒2

●廻転をよくするためには

1.ホルダーの先をやすりなどで軽くこすって下さい。
2.風車についているガラスのキャップの内側に油をつけて、す
べりを良くして下さい。

●ホルダーの取り扱いについて

1.ホルダーを電球にはめるときは、横から持ってはめて下さい。電球にはめたときに、そこから針が出てきて危険ですので、顔を近づけないで下さい。
2.ホルダーは先端が尖っており危険ですから、取り扱う時にはご注意下さい。
3.ホルダーを電球にはめる場合ホルダーの2つの輪を電球の大きさの3分の2くらいまで広げてから電球にはめて下さい。広げないではめると、電球に無理な力が加わるため、割れたり、ホルダーが飛び跳ねる危険があります。
4.ホルダーは非常に高温になりますので、電灯を消して十分冷えてから取り外して下さい。

お盆提灯の製造工程

盆提灯の木取り

1.盆提灯の木取り
伝統に支えられ今も息づく形。その盆提灯の形ひちつひとつを職人は根気づよく整えていきます。


盆提灯の研磨

2.盆提灯の研磨
黒く塗り、それを平らに研いでまた黒く塗る。盆提灯のなめらかな深みのある黒を表現するため、研磨は何度も繰り返されます。


盆提灯の塗り

3.盆提灯の塗り
盆提灯の柄や足に幾度となく塗りを重ねたすえに、深く、なめらかな色を輝かせます。


盆提灯の蒔絵

4.盆提灯の蒔絵
盆提灯に使われる伝統柄からオリジナル柄まで、蒔絵の美しさが優雅な気品を漂わせます。


盆提灯のひご巻き

5.盆提灯のひご巻き
一巻一巻同じ張りを保ちながら竹ひごを巻きます。盆提灯が完成した時のやわらかな曲線は竹ひごを巻く職人の技に左右されます。


盆提灯の絹張り

6.盆提灯の絹張り
盆提灯の火袋は破れやすいもの。だから、絹張りがいいのです。受け継がれてきた職人技は、しなやかな絹で伝統美を表現します。


盆提灯の描き絵

7.盆提灯の描き絵
盆提灯の絵柄は山水画や花鳥画等が多く取り入られています。それは提灯という球体の上に、日本独特の姿「自然のもつ心」を再構成し絵として表現するには、このような対象が最も適していたのではないでしょうか。熟練の技が盆提灯に命を与え、故人を偲び、自然を想う「日本の心」を表現します。


お盆供養お盆提灯Q&Aお盆提灯の組み立て方と製造工程