神社参拝の作法と玉串奉奠

神社参拝の手水(てみず)の作法を教えて下さい。

手水の作法
  • 神社に参拝する時や神事を行う時は、心身が清らかでなければなりません。
  • 家庭で神棚をおまいりする時と同様に、口をすすぎ、手を洗うことで心身を清めます。(口をすすぐのは身体の内を清め、手を洗うのは身体の外を清める意味です)
  • 神社の境内には必ず手水舎がありますので、参拝の前にはここで心を正し、身を清めましょう。
  • (手水舎での手水の作法)

1)まず、右手で柄杷に清水を汲み、左手を清めます。

2)柄杓を左手に持ちかえ、同様に右手を清めます。

3)再び柄杓を右手で持ち、左の手の掌に水を受け、口をすすぎます。(柄杓に直接口をつけません。)口をすすぎ終わって、もう一度左手を清めます。

4)最後に柄杷を立て、残った水で柄相の柄を清めてから、元の位置に伏せて置きます。






玉串拝礼の作法を教えて下さい。

  • 神社でご祈祷して戴くために昇殿参拝した時や、神事の際には玉串拝礼が行われます。
  • 玉串は、榊や松、オンコなどの常緑樹の小枝に紙垂(Q7参照)や麻をつけたもので、神前にまごころを串に託して献上し、一層拝礼の意義を深くした、神さまへの至誠を込め、奉りものともいわれています。
  • (玉串拝礼作法)

1)玉串の根元を右手で上から、中程を左手で下から支え、胸の高さに、肱を張って、左手の方を高く持ちます。

2)神前に進み、玉串案(玉串を載せる机状の台)の前で玉串を持つたまま(1のまま)一礼します。

3)玉串の先を時計の針の方向に九十度廻します。

4)左手を下げて根元を両手で持ち祈念をこめます。

5)左手をそのままにして右手を玉串の中程を下から支え、さらに百八十度時計の針の方向にまわして、根元を神前に向け、左手を離して右手の下に添えます。

6)玉串を案の上に載せます。

7)二拝二拍手一拝の作法で拝礼し、最後に一礼して自席に下がります。

玉串のあげ方

祓詞と神棚拝詞

祓詞(はらえことば)

祓詞(はらえことば)

祓詞の大意

伊邪那岐大神(いざなぎのおおかみ)が(死者の住む黄泉国(よみのくに)を訪ねて御身が穢れたため)筑紫の国の日向の橘の小戸のあわぎ原という浜辺で、水につかって身を清め禊ぎをした時に誕生になった祓戸大神等(はらえどのおおかみたち)、大神等(おおかみたち)の御神徳によって、私達の犯した罪や心身の穢れを祓い清めて下さいと、申し上げることをお聞き下さい。

神棚拝詞(かみだなはいし)

神棚拝詞(かみだなはいし)

神棚拝詞(現代語訳)

この神棚に仰ぎまつる、言葉に出し心にかけて申し上げることも恐れ多い、天照大御神、この士地にお鎮まりになっている産士(うぶすな)の大神の御前を拝して謹んで申し上げます。
神々の広く厚い御恵みをもったいなく思い、高く尊い神の教のとおり素直で正しい真心によって人の道を踏みはずすことなく、目分たちが、従事する勤めに励むことができます様に、また、家が栄え、家族も健康で世のため、人のために尽くさせてくださいと、恐れ畏んで(謹んで)申し上げます。


参考文献:氏子の神まつり(北海道神社庁札幌支部青年神職文月会)