お位牌 法名軸 過去帳についてお位牌Q&A位牌の文字配列と凡字

お位牌 法名軸 過去帳

大切にしたい先祖のお位牌・法名軸・過去帳!

よねはらは、お位牌・法名軸・過去帳の専門店です。

仏壇に祀る位牌・繰出位牌 は、ご本尊についで大切なものです。
仏壇に飾る位牌は、ご先祖様と通信するアンテナのようなものです。必ず、仏壇に位牌は祀って下さい。

位牌には、材質・形状から塗板位牌・唐木板位牌・モダン板位牌に分かれます。
また、機能的に数名以上書くことが出来る繰出し位牌(回出位牌)、ご先祖様の記録帳である過去帳などがあります。
さらに、浄土真宗では板位牌の代わりに法名軸を使用します。


真宗ですが、お位牌を作りたいのですが?

真宗各派(浄土真宗本願寺派・真宗大谷派・お西・お東など)では、お位牌は用いず法名を小さな掛軸にした法名軸、または過去帳に法名を記入してお祀りします。
しかしお位牌をお作りになりたいという方もいらっしゃいますのでお受けしています。
ご注文の際には下記点にご留意下さい。
1.戒名欄に法名をご入力下さい。また「法名」と入れる場合は、「法名 釋○○」のように含めてご入力下さい。
2.法名の中に「尼」の字がある場合、「他の文字と同じ大きさ」「少し小さく右寄せ」「少し小さく中央」などがございます。注文画面に進み「お支払い情報入力」にある「ご要望」欄にて、「尼」の字の入れ方を必ず指示して下さい。
お位牌をお作りになる前にお付き合いのあるお寺様にご相談することをおすすめ致します。

戒名がないのですが、お位牌を作れますか?

戒名のないお位牌もお作りしております。
お入れする文字内容およびその配列は、お付き合いのあるお寺様にお伺いすることをおすすめ致します。
今までにお作りした中では、戒名の部分に「(お名前)之霊位」とし、裏には俗名を入れないことが多いようです。この外、戒名の部分は「(お名前)」のみ、「(お名前)之位」。年月日は表に、裏に。裏にも俗名を入れる。年齢を表に、裏の中央下に、裏の中心に、裏の左下に。など多様にお受けしています。ご希望をお知らせ下さい。注文画面に進み「お支払い情報入力」にある「ご要望」欄、またはメールなどにて文字・配列を詳しくお知らせ下さい。

キリスト教徒ですが、お位牌を作れますか?

キリスト教徒の方のお位牌もお作りしております。
十字架やアラビア数字を入れたいというご要望もお受けしております。
表面に十字架 洗礼名 お名前、裏面に年月日 帰天、などお受けしております。
配列・文字入れ内容のご希望をお知らせ下さい。

お位牌 法名軸の豆知識

故人を真心でご供養するためにお位牌を!

お位牌は、故人の御霊を永くお祀りする大切なものです。おそくとも四十九日までには、白木位牌から本位牌にお作り替え下さい。

お位牌とは

お位牌は、中国から仏教が伝えられた時儒教の教えによる先祖崇拝の習慣から、ご両親やご先祖の姓名や官位を木板に記入し礼拝したものが伝わったものといわれています。
今日では亡くなられた人の霊をお祀りするために、お位牌の表面に戒名、没日(死亡年月日)、お位牌の裏面に俗名(生前のお名前)、行年(亡年齢)等を彫刻文字または書き文字で加工し、忌明け法要後、白木のお位牌と入れ替えに漆塗り等の本位牌をお仏壇にご安置してお祀りされます。

真宗各派では、お位牌は用いず法名を小さな掛軸にした法名軸、または過去帳に法名を記入してお祀りします。

お位牌の種類

●白木位牌(四十九日のご法要まで)・・・七・七忌迄が中陰といわれ、この世とあの世の中間に存在するという意味で、亡くなられた霊が新しい生を得るまでのさまよっている間を指します。
この間のご供養によって、霊の落ち着く来世が決まるといわれています。

ご葬儀のときに用意した白木のお位牌は、四十九日のご法要がすみましたらお寺様に納め、黒塗りのお位牌に作り変え、お仏壇にお祀りします。

●本位牌・・・板位牌とも言い、漆塗り、純金箔仕上げ、唐木仕上げ等、伝統様式による多彩な種類とサイズがあり、忌明け法要より以降はお仏壇に戒名(法名)を記入(彫刻又は書き込み)した本位牌を安置してお祀りします。

●繰り出し位牌・・・戒名を記入した5枚〜10枚の薄い札板を差し込むように作られたお位牌で、故人の命日の順に重ねておき、ご命日をお迎えになるご先祖の札が前面に繰り出すようになっています。これは位牌と過去帳の折衷様式として考案されたものです。
浄土真宗でも地方によっては繰り出し位牌を使用することがあります。また、ご先祖の本位牌が多くなった場合、繰り出し位牌にまとめます。

過去帳

亡くなった先祖の戒名(法名)、没日(死亡年月日)、俗名(生前のお名前)、行年(亡年齢)等を記しておくもので、宗派によってはお位牌と同じように安置するところもあります。
過去帳を安置するための過去帳台(見台)とか、位牌のような形式のものもあります。

過去帳

お位牌選びのポイント

・初めてお位牌をお選びになる場合は、仏壇の大きさとのバランスを考慮します。
・ご先祖のお位牌がある場合は、その大きさや形を参考にします。
・戒名、死亡の日付、俗名、享年(死亡年齢)を書き写しご持参下さい。
・連記式のお位牌で新たな戒名を書きこむ時は、菩提寺にて「お精抜き」をしていただき、ご
持参下さい。

開眼法要

新しい本位牌を設ける時は、故人に近い人々が集まりお寺様のご住職にお願いして、開眼
法要といって入魂のお経を上げていただき、白木位牌から本位牌にお魂をお移ししていただ
きます。

お位牌の書き方

お位牌の文字は、一般的に、お位牌の表に「戒名」と「亡くなった年月日」、お位牌の裏に
「俗名」と「亡くなった年齢(数え年)」をお書きします。

1名・2名書き配列パターン

梵字について

梵字は、サンスクリット語で、その宗派のご本尊を表すことが多く、本位牌には付ける場合と付けない場合が有ります。判らない場合は、お寺様にご相談下さい。

梵字パターン

※宗派により作法が異なります。ご不明の点はお寺様または当店にお尋ね下さい。


呂色塗り位牌のこと

呂色塗りは、塗りの最高峰!

呂色塗りは、厚手下地に黒漆を塗り、塗り面を炭で磨ぐ手法で、塗り面を平滑にして深い光沢を出します。その工程は、下記のように黒漆を塗ってこれを研磨、再度塗り・研磨と、いくどもの工程をへます。一般の漆塗りと異なり刷毛あとは全く見られず、微細な塵埃の付着も許しません。また、下地は漆で固めていきますから湿気にも強く、堅牢です。純黒の気品ある塗り膚と色沢は、他の塗料の追随を許さない品格と美しさを発揮します。

呂色塗の工程

呂色塗り位牌

   1.サメガケ
   2. 下地塗り(3回)
   3.下塗り(研磨)
   4.中塗り
   5.中塗り(研磨)
   6.呂色塗り
   7.呂色研磨(炭研磨)
   8.呂色研磨
   9.胴擦り
  10.拭き漆(1回目)
  11.拭き漆(2回目)
  12.艶上げ(1回目)
  13.艶上げ(2回目)


お位牌 法名軸 過去帳についてお位牌Q&A位牌の文字配列と凡字