法要の営み

故人を偲ぶ大切な行事です。

法要(法事)は、亡き人を偲び、そのご恩に感謝するために忌日や命日に行う大切な行事です。

忌日法要

忌日法要は、亡くなった命日から数えて七日目ごとに行います。
忌日には親戚や親しかった人を招いて、寺院や自宅でお寺様の読経の後、茶菓や精進料理を供して法要を営みます。
尚、月忌は行わない地域があります。

忌日法要一覧

・初七日(しょなぬか)・・・命日より7日目
 葬儀に一区切りをつける日。近頃では本葬が終わった後に引き続いて行う事が多くなりま
した。
・二七日(ふたなぬか)・・・命日より14日目
・三七日(みなぬか)・・・命日より21日目
・四七日(よなぬか)・・・命日より28日目
・月忌(がっき)・・・命日より1ヶ月目
・五七日(いつなぬか)・・・命日より35日目
・六七日(むなぬか)・・・命日より42日目
・七七日(なぬなぬか)・・・命日より49日目 この日で忌明け
 忌日の中でも重要な日です。この日をもって忌明けとする場合が多く、納骨、埋骨もこの日に行う事が多いので大掛かりな法要となります。
・新盆(しんぼん)・・・七七日法要後の初めてのお盆
・百か日(ひゃっかにち)・・・命日より100日目
 この百か日法要もかつては盛大に行われたのですが、最近ではごく内輪に済ませる事が多くなりました。

年忌法要

百か日法要の後は一周忌からの年忌法要となります。

年忌法要一覧

・一周忌・・・1年目
 亡くなった翌年の同月同日(祥月命日)に行う法要。近親者や故人と親しかった友人・知人を招き比較的盛大に営みます。
・三回忌・・・2年目
 一周忌の翌年、つまり満2年目に行うのが三回忌です。
・七回忌・・・命日の年も含めて7年目(満6年目)
・十三回忌・・・満12年目
・十七回忌・・・満16年目
・二十三回忌・・・満22年目
・二十五回忌・・・満24年目
・二十七回忌・・・満26年目
・三十三回忌・・・満32年目
・三十七回忌・・・満36年目
・五十回忌・・・満49年目
・百回忌・・・満99年目

※祥月命日とは亡くなった同月同日をいい、年回忌だけでなく、毎年訪れる同じ月日の命日をさします。

法要の営み方

まず施主を決めます。
故人に一番近い人、一般的には葬儀の喪主を努めた人が施主になります。
施主は次のような手順を整える事が必要です。
●場所を決める
一般的には自宅か菩提寺ですが、近年では一般斎場やホテルで行うケースも増えてい
ます。
●日時を決める
故人の命日が正式ですが、それを変更して行う場合は命日より前に設定します。
●招待客の人数を決め、案内状を出す。
法事の日程が決まったら案内状を出します。ごく身内だけで営む場合には電話連絡などでもかまいません。
●引き出物の準備
引き出物は参列者の荷物にならないような物、実用品が一般的です。
●お布施・お供え物の準備
●焼香の順番を決定する。
●法事後の会食料理と席順を決める。
本来精進料理が基本とされていますが、今はあまりこだわらなくなっています。