お彼岸供養

今日ある幸せを感謝する大切な期間です。

「暑さ寒さも彼岸まで」といい、一年中で一番良い季節にお彼岸の日があります。家族そろってご先祖霊への感謝を捧げましょう。

お彼岸とは

お彼岸は年二回、三月の春分の日と九月の秋分の日を「中日」として、その前後三日ずつを合わせた一週間を「彼岸」といいます。

お彼岸という言葉は古代インド語の「パーラミター」を「到彼岸」と訳したことに由来します。極楽浄土という理想の郷(悟りの世界)を意味しており、迷いや苦悩に満ちたこの世の「比岸」(しがん)に対して理想の彼方のところ(彼)をさす言葉です。仏教では悟りをひらいた人は彼岸にたどり着く事ができるとされています。

お彼岸にはお仏壇やお墓を美しく整え、花や水、故人の好物をお供えし、線香や灯明をあげて供養します。なお、彼岸の行事は、インドにも中国にもない日本独特の行事です。

また、彼岸に到達するために、「六波羅密」という六つの実践方法をすすめています。

1.「布施(ふせ)」自分の持っているものを他の人に感謝の心で施しをする

2.「自戒(じかい)」いましめを守る

3.「忍辱(にんにく)」不平不満をいわず正しい心を持ち続ける

4.「精進(しょうじん)」精進努力する

5.「禅定(ぜんじょう)」常に心の平静を保つ

6.「智慧(ちえ)」ありのままの真実の姿を見つめ智慧を働かせる

彼岸会に参加してみましょう

お寺様ではお彼岸の間「彼岸会」を開いておられ、読経やご法話が行われています。
お墓参りの折にはぜひとも彼岸会にも参加して故人の供養をお願いしましょう。

お彼岸よもやま話

お彼岸には、ご家庭でお供え物をつくりお仏壇にお供えしましょう。

彼岸の入りには、ご家庭のお仏壇の中やまわりをいつもよりていねいに掃除して新しい水や花、それに、故人の好物、季節の果物や五目寿司やおはぎ、彼岸団子などをお供えします。
近ごろではお彼岸のお供え物も買い求めてしまうことが多いようですが、できればご家庭でつくり、お仏壇に供え、お墓に供え、近隣の人、友人知人にも配りましょう。
これはまさに自分の持っているものを他に分けあたえ共に喜ぶという、お布施の精神そのものです。
お彼岸には、お盆のときのような儀式としてのしきたりはありませんが、人間の原点ともいえる行事です。
お彼岸の間は毎日、朝晩、お仏壇に灯明やお線香をあげて礼拝し、お供え物を絶やさないようご供養してください。

春牡丹、秋は萩になぞられた、日本ならではの美しい言葉です。

ぼた餅とおはぎ

お彼岸のお供えになくてはならないものが、ぼた餅やおはぎです。
どちらももち米を蒸したものを丸めてそれに甘く煮た小豆をからめたものです。
両者のちがいは、春彼岸には牡丹の花をかたどって丸く大きめに、秋彼岸には、萩の花をかたどってこぶりで長めに丸めてつくり、春は「ぼた餅」、秋は「おはぎ」とよんだといわれます。
日本人の季節関する繊細さが美しく表現された言葉ですね。

お彼岸がきてもお参りするお墓がなくても、心を向けて…。

お墓

昔からお彼岸には、自分の家のお墓だけでなく、親類、縁者、知人などの家のお墓にお参りする習慣があります。
お墓がないんだけどなどとおっしゃらないで、平素ご無沙汰しているお世話になった方のお墓、亡き恩師のお墓などを先方には黙ってお墓参りをしてあげることです。
ご自分のお墓にお参りしてみたら、誰かがもうお参りして、花や水がお供えしてあったら、お互いに気持ちのよいものです。
お彼岸は、お中日を中心とした修行週間ですから、たとえお墓がなくても心がけてみてはいかがですか。

お彼岸の夕日には功徳があるというのは本当?

お彼岸の夕陽

春分、秋分の日は、ご存じのように、昼と夜の長さが同じになって、太陽は真西へと沈みます。
この日をはさんで前後一週間が「お彼岸」です。だから「お彼岸の中日」の夕日には功徳があり、その彼方には極楽浄土があるといわれます。
お彼岸にはご先祖様のご供養とともに、ご自分の浄土への願いも込めて、春分、秋分の日には、ご家族そろって西日の沈む彼方に向かい、胸の中で念仏をとなえてみたらいかがですか。夕日の向こうには、極楽があることをこころに描いて。