法話401〜450

こころを癒してくれる法話集9

和み、心が温まる法話を読んでみませんか。

短編・読み切りで何時でも何処からでも読めます。

法話450「他力」とは仏の力(抱かれて人生を生き抜く)明厳寺住職 光山善龍
法話449ご恩、お恵みに感謝(念仏者にもはや死はなし)明厳寺住職 光山善龍
法話448苦悩逃れ安住の時(円満な人生に最も大切)明厳寺住職 光山善龍
法話447自分の分限を知れ(大欲起こせば猿のごとく)明厳寺住職 光山善龍
法話446因と果に自由性も(仏教は縁の重要性を力説)明厳寺住職 光山善龍
法話445他力の救い聞く心(歓喜わき報謝のお念仏)明厳寺住職 光山善龍
法話444無条件、無限の慈悲(阿弥陀如来の救済は絶対)明厳寺住職 光山善龍
法話443お寺の掲示板③・お寺の掲示板④常興寺住職 巌教也
法話442お寺の掲示板①・お寺の掲示板②常興寺住職 巌教也
法話441人間に生まれたこと・生かされている喜び演仙寺前住職 多田淳政
法話440別れの悲しみ・憎しみ合う苦しみ演仙寺前住職 多田淳政
法話439人生そのものが苦・死もまた楽し演仙寺前住職 多田淳政
法話438病気と死・生と死演仙寺前住職 多田淳政
法話437心の通い合う世界・己の姿に目覚めよ演仙寺前住職 多田淳政
法話436確かな生き方頂け・大安心で力強く演仙寺前住職 多田淳政
法話435人々に希望掲げる・本願を信じ浄土へ演仙寺前住職 多田淳政
法話434未来への”旅立ち”・一日一日を大切に演仙寺前住職 多田淳政
法話433苦悩無駄にするな・深い因縁に感謝を演仙寺前住職 多田淳政
法話432争いの世に”仏”敬う(和の理想掲げ国を指導)興宗寺住職 北條紘文
法話431どんな人にも役割(積極的な生きがいに)興宗寺住職 北條紘文
法話430食物に人々の苦労(ありがたくいただこう)興宗寺住職 北條紘文
法話429慈悲に安らぐ信心(大悲の仏心宿った世界)正玄寺住職 岩見紀明
法話428幸、不幸に実態ない(主観で楽しみまで苦に)正玄寺住職 岩見紀明
法話427人々に「大安慰」を(阿弥陀さまは”親さま”)正玄寺住職 岩見紀明
法話426すべてを仏さまに(はからい捨て安らぎを)正玄寺住職 岩見紀明
法話425愚かなり権威主義(判断できぬ人間的価値)正玄寺住職 岩見紀明
法話424勤行に励んだ一茶(さとりの世界ありのまま)正玄寺住職 岩見紀明
法話423母すなわち仏さま(法義賛嘆の雰囲気に育つ)正玄寺住職 岩見紀明
法話422魚の習性人間にも(抜けきらぬ煩悩に名残)正玄寺住職 岩見紀明
法話421消費と歓楽は無常(「後世の一大事」こそ大切)正玄寺住職 岩見紀明
法話420人間は死への存在(己のはかなさ知るべし)正玄寺住職 岩見紀明
法話419母の涙、愛のしるし(科学ではわからないもの)演仙寺住職 多田文樹
法話418生き抜いた確かさ(物事に動じぬ老人たち)演仙寺住職 多田文樹
法話417悟りこそ絶対自由(自分の心に束縛されるな)演仙寺住職 多田文樹
法話416試練背負って行け(大きな障壁もいつか消滅)演仙寺住職 多田文樹
法話415生きることに全力(煩悩の中に一筋の光明)演仙寺住職 多田文樹
法話414たたり恐れぬ仏教(救いの宗教へ大きな変換)演仙寺住職 多田文樹
法話413”自分自身”の問題(心の持ち方に深く左右)演仙寺住職 多田文樹
法話412常に私を守る如来(生きてる今に不足なし)西光寺住職 吉田俊逸
法話411仏様の願いこそ和(合掌で御心とのふれあい)西光寺住職 吉田俊逸
法話410救いは弥陀の本願(私のすべて知り尽くす)西光寺住職 吉田俊逸
法話409呼び声がお念仏に(常に私のそばを離れず)西光寺住職 吉田俊逸
法話408念仏を中す人生を(相手のこと思う心持て)西光寺住職 吉田俊逸
法話407不平や不満を反省(み仏の力のままに進もう)西光寺住職 吉田俊逸
法話406人類の平和求める(釈尊の教えにかえろう)西光寺住職 吉田俊逸
法話405苦しみを縁に成長(自分の責任、問題とし…)西光寺住職 吉田俊逸
法話404我執から抜け喜び(煩悩も仏の本願力で解放)西光寺住職 吉田俊逸
法話403感謝忘れず生きよ(現在の生活に”仏の加護”)西光寺住職 吉田俊逸
法話402人間に差別はない(煩悩具足の凡夫へ自覚を)西光寺住職 吉田俊逸
法話401和の精神を基調に(互いに支え合い道歩む)本願寺派福井別院輪番 浅野善乗


法話集8 法話集10

御法話をいただいた方は、当時の肩書きで掲載させていただいております。

この法話集は、福井市の吉祥堂様にご協力頂いております。