法話351〜400

こころを癒してくれる法話集8

和み、心が温まる法話を読んでみませんか。

短編・読み切りで何時でも何処からでも読めます。

法話400和み合う世の中を(「我欲」捨て信頼取り戻せ)本願寺派福井別院輪番 浅野善乗
法話399今の生命大切に(故人のありし日しのびつつ)本願寺派福井別院輪番 浅野善乗
法話398お盆の精神継承を(今日一日の生き方大切に)本願寺派福井別院輪番 浅野善乗
法話397自分の愚かさ認識(常に未来の姿見つめよ)丸岡高校教諭 森瀬高明
法話396「遠流」これもご恩(苦難を乗り切る勇気が)丸岡高校教諭 森瀬高明
法話395教師の誠意が必要(教え子の前で謙虚であれ)丸岡高校教諭 森瀬高明
法話394愚かな私たちの姿(「お力」で「在るがまま」に)丸岡高校教諭 森瀬高明
法話393待って下さる仏様(一回きりの人生歩む私達)丸岡高校教諭 森瀬高明
法話392明るい顔、快い言葉(仏様の光明に照らされて)丸岡高校教諭 森瀬高明
法話391感動-素直な心を(感謝の気持ち絶やさず)丸岡高校教諭 森瀬高明
法話390小舟のような存在(生命の行く末知らない私)丸岡高校教諭 森瀬高明
法話389如来の願いの中で(仏を拝む事実を通して)勝林寺住職 佐々木教応
法話388現実は多くが逆に(仏の中での目覚めで展望)勝林寺住職 佐々木教応
法話387本当に足らないか(生まれてきた時は無一物)勝林寺住職 佐々木教応
法話386自分で三つの反省(無明の心の中に仏の光が)勝林寺住職 佐々木教応
法話385一人で生きられぬ(常に相手の身になって)勝林寺住職 佐々木教応
法話384洞察と内省大切(喜びに満ちた仏への道へ)勝林寺住職 佐々木教応
法話383仏の心を念頭に(家庭における子供の教育)勝林寺住職 佐々木教応
法話382如来の願船こそ道(無明を破るあの世の光)勝林寺住職 佐々木教応
法話381一人ボッチの”川”(生老病死を熟視しよう)勝林寺住職 佐々木教応
法話380風葉の身たもちがたく草露の命きえやすし(二)平乗寺住職 神埜慧淳
法話379風葉の身たもちがたく草露の命きえやすし(一)平乗寺住職 神埜慧淳
法話378時を大切に本願寺布教使 友国善量
法話377時を大切に善久寺住職 福島光信
法話376時を大切に上正寺住職 佐々木円月
法話375苦難をこえて(二)当光寺仏教婦人会 反保滋子
法話374苦難をこえて(一)当光寺仏教婦人会 反保滋子
法話373親鸞聖人の心(二)宮崎銀行頭取 井上信一
法話372親鸞聖人の心(一)宮崎銀行頭取 井上信一
法話371時を大切に仏教伝道協会会長 沼田恵範
法話370正信偈講話から(有無への邪見破る)行信教校校長 利井興弘
法話369正信偈講話から(南天竺に比丘あらん)行信教校校長 利井興弘
法話368正信偈講話から(竜樹菩薩)行信教校校長 利井興弘
法話367正信偈講話から(顕機と受機)行信教校校長 利井興弘
法話366生まれる尊さ(二)東京女子医大医師 大内広子
法話365生まれる尊さ(一)東京女子医大医師 大内広子
法話364人間が生きる意味は?(二)本願寺司教 林水月
法話363人間が生きる意味は?(一)本願寺司教 林水月
法話362よろこび(五)元東京大学教授 笠原一男
法話361よろこび(四)元東京大学教授 笠原一男
法話360よろこび(三)元東京大学教授 笠原一男
法話359よろこび(二)元東京大学教授 笠原一男
法話358よろこび(一)元東京大学教授 笠原一男
法話357解放の喜びを知る(仏のお慈悲で無げの道へ)明厳寺住職 光山善龍
法話356未来成仏が大目的(達成には理在こそ大切)明厳寺住職 光山善龍
法話355普遍の”徳”を知れ(盲者の”象”評に陥るな)明厳寺住職 光山善龍
法話354「浄土」で今も説法(声聞き念仏の意味悟る)明厳寺住職 光山善龍
法話353精いっぱい生きる(むしばまれる樹木たち)興宗寺住職 北條紘文
法話352因縁興宗寺住職 北條紘文
法話351生命(いのち)興宗寺住職 北條紘文


法話集7 法話集9

御法話をいただいた方は、当時の肩書きで掲載させていただいております。

この法話集は、福井市の吉祥堂様にご協力頂いております。