法話051〜100

こころを癒してくれる法話集2

和み、心が温まる法話を読んでみませんか。

短編・読み切りで何時でも何処からでも読めます。

法話100慈悲の胸に抱かれ(この心が宗教心の芽生え)仏願寺住職 藤井尊乗
法話099人の苦しみに共感(幼児期に宗教的教育を)仏願寺住職 藤井尊乗
法話098法の真実をあおぐ(終生かけた実践が修行)仏願寺住職 藤井尊乗
法話097生きる喜びを知れ(仏教は人間の本質教える)仏願寺住職 藤井尊乗
法話096家庭でも人生でも(み仏の願いいただき悟り)乗誓寺住職 鎌数静雄
法話095み仏の明るい知恵(ひとのすべて知り尽くす)乗誓寺住職 鎌数静雄
法話094念仏人に伝えたい(煩悩静める救いの言葉)乗誓寺住職 鎌数静雄
法話093怖い自己への甘さ(み仏に従い煩悩を仏道へ)乗誓寺住職 鎌数静雄
法話092永遠に滅びない道(信じれば必ず我がものに)乗誓寺住職 鎌数静雄
法話091人を守り育てる私(苦労の中に収穫の喜び)乗誓寺住職 鎌数静雄
法話090仕事に喜びを持て(感謝忘れずに打ち込め)乗誓寺住職 鎌数静雄
法話089科学では理解不能(信心による往生目指せ)浄福寺住職 藤井信哲
法話088他方に心動かさず(み仏にすべてまかせよ)浄福寺住職 藤井信哲
法話087お念仏の毎日を(阿弥陀さまのお慈悲で救われる)浄福寺住職 藤井信哲
法話086無常気づき信仰へ(不確かなこの世の人生)浄福寺住職 藤井信哲
法話085慈悲は凡夫のため(妨げる自力「はからい」)浄福寺住職 藤井信哲
法話084お慈悲喜ぶ毎日(未来の成仏が定まった人)浄福寺住職 藤井信哲
法話083五つの戒律定める(出家して修行が必要)浄福寺住職 藤井信哲
法話082御本願にまかせ…(信心は知ることにあらず)浄福寺住職 藤井信哲
法話081ご信心をいただく(凡夫 変わらないが蓮の花)浄福寺住職 藤井信哲
法話080如来の心と一如に(観念の安心は”サンプル”)明厳寺住職 光山善龍
法話079今を大事に聴聞を(真実の法で悔いない人生)明厳寺住職 光山善龍
法話078安心立命の心境に(無常の風は万人に吹く)明厳寺住職 光山善龍
法話077後生大事忘れぬな(心を省みるところに仏心)明厳寺住職 光山善龍
法話076報謝の念仏を相続(現世で味わう功徳利益)明厳寺住職 光山善龍
法話075念仏で弥陀の助け(尊い道間違えるなかれ)明厳寺住職 光山善龍
法話074忘れがちな親の恩(常に見守る慈悲の尊さ)明厳寺住職 光山善龍
法話073思わず知らず念仏(自然に口に出る姿に尊さ)明厳寺住職 光山善龍
法話072称名の声が自然に(寝てもさめても南無阿・・・)明厳寺住職 光山善龍
法話071命のある限り唱和(浄土へ参る喜びを相続)明厳寺住職 光山善龍
法話070凡夫を浄土へ往生(広大な仏力でお救いに)明厳寺住職 光山善龍
法話069「他力」とは仏の力(抱かれて人生を生き抜く)明厳寺住職 光山善龍
法話068ご恩、お恵みに感謝 (念仏者にもはや死はなし)明厳寺住職 光山善龍
法話067苦悩逃れ安住の時 (円満な人生に最も大切)明厳寺住職 光山善龍
法話066自分の分限を知れ (大欲起こせば猿のごとく)明厳寺住職 光山善龍
法話065因と果に自由性も (仏教は縁の重要性を力説)明厳寺住職 光山善龍
法話064他力の救い聞く心 (歓喜わき報謝のお念仏)明厳寺住職 光山善龍
法話063無条件、無限の慈悲 (阿弥陀如来の救済は絶対)明厳寺住職 光山善龍
法話062己の姿に目覚めよ (聞法で仏の御本願知る)演仙寺前住職 多田淳政
法話061心の通い合う世界 (ともに悩み慈悲を仰ぐ)演仙寺前住職 多田淳政
法話060大安心で力強く (未来は明るい”仏の世界”)演仙寺前住職 多田淳政
法話059確かな生き方頂け (聞法で仏さまがお慈悲)演仙寺前住職 多田淳政
法話058本願を信じ浄土へ (仏教いただく真の目的)演仙寺前住職 多田淳政
法話057人々に希望掲げる (真の幸せ見極めたお釈迦様)演仙寺前住職 多田淳政
法話056未来への”旅立ち” (仏さまのお国へ帰ること)演仙寺前住職 多田淳政
法話055一日一日を大切に (今日の”生命”に喜びを)演仙寺前住職 多田淳政
法話054深い因縁に感謝を (互いに尊敬と愛情持て)演仙寺前住職 多田淳政
法話053苦悩 無駄にするな (悲しみから何かをつかめ)演仙寺前住職 多田淳政
法話052食物に人々の苦労・どんな人にも役割興宗寺住職 北條紘文
法話051一番使い いつ来るか・かごを水につけよ浄福寺住職 藤井信哲


法話集1 法話集3

御法話をいただいた方は、当時の肩書きで掲載させていただいております。

この法話集は、福井市の吉祥堂様にご協力頂いております。